OGiSO

ogisoh.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 05日

今年の OGiSO 展示会日程

2015年 OGiSO展示会 の日程を書き換えました。→
ティザーヌさんは、11月改め12月になりました。

それから、4月18・19日、アルトゥエンというイベントに出せさていただけることになりました。
いい雰囲気だと前々から噂に聞いていたので、すごく楽しみです。


それにしても、今年の展示巡回、昨年までに比べてずいぶん少ない予定になりました。
というのも、選考のあるクラフトイベントに初挑戦してみたかったので。
結果ですが、2つ応募してみたのですが、両方とも出展ならずでした。

結果が分かった直後はかなり落ち込みました。
一つはダメもとで受けたので、やっぱりねという感じだったんですが、もう一つは自分の中ではこれは大丈夫でしょと思っていたので。
正直かなりのショックでした。
あまりに納得いかず、何が理由だったのか分からず、もやもやで仕事に身が入らず、いかんと思いつつも問い合わせてしまいました。
もちろん個人的なことをお応えはいただけなかったのだけど、提出写真が何より大事で、いかに世界観を作って伝える努力をしているかが大事だと教えていただけました。

・・・・納得。資料がそんなに大事だなんて、思ってもいませんでした。
私の資料、世界観とかそういうレベルではなかったので。



というか、アクセサリーを作る上で、 「世界観を表現する」 こと。
今までそれが大事だと思ったことがなかったのです。

必要以上に飾ったり、無理にイメージ作りをすることはむしろしたくない。
写真だってできるだけ飾らずに。
作る物が誠実であればそれでいい。
それで分かってくれる人に感じてもらえればいい、と思っていました。

と言うとかっこいいですが、正直なところは、作品が完成すればもう満足で、それ以上の事をするのはめんどくさくてサボってきたのかもしれないです。
見て感じてもらえれば、というのは何も努力していない私の怠慢だった。

イメージや世界観を含めて、「伝える」ということは、クリエイターとして常識で、とても大事なことなんだと気付きました。
15年目にして・・・

結果はダメだったけど、得られるものが大きかった。
飾るのは嫌だけど、伝える努力はしていくようにしよう。
そう思いました。
[PR]

by ogiso-h | 2015-03-05 00:10 | 作品ライン OGiSO  | Comments(0)


<< 3月自宅ワークショップ 追記      チクチクトントン納品のお知らせ >>