OGiSO

ogisoh.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 02日

OGiSO展示会作品への思い

昨日はvahanさんにお邪魔してきました。
お会いできた皆様、ありがとうございました。
たくさんお話もできて嬉しかったです。
いろいろ迷って試着を繰り返してくださるのを見ていると、本当に幸せです。




今日は私の、 展示作品制作への思いをつづります。


時々、お客様から過去の作品などからリクエストやオーダーのご希望をいただきます。
そんな風に思っていただけることは作り手として光栄で、すごく嬉しいです。
でもわがままで申し訳ないのですが、簡単な物をのぞいて、大半の作品はオーダーはお受けしていません。


展示会の作品は特別な思いで作っています。

ひとつひとつの作品にときめきを感じられることを大切にしたいと思っています。

どれも手放したくないと思うくらい、愛おしく思えるような物をつくりたいです。

ひとつひとつを子供のように、唯一無二で大切に思いたいです。

同じものをいくつも作って、ひとつひとつにときめきを感じなくなるのは寂しいです。

一つ目を作る時と、同じ物をもう一つ作る時の気持ちは全然違います。

初めて作る時のドキドキというか緊張感みたいな物がなくなってしまいます。

いつか、お客様の希望やイメージを伺って作る、ウエディングオーダーみたいなこともできたらいいなと思います。

でも、今のわたしにはそんな大切な物をつくる自信や、そのプレッシャーを抱える器がありません。

自分にとってベストな物が作れるのが、今のマイペースなスタンスです。

お客様には、そんな思いで作っている作品、ひとつひとつとの一期一会を楽しんでいただきたい思っています。

わがままですが、そんな気持ちで作品制作をしています。

そんな気持ちで作った物が、身に着けた方を凛とした気持ちで後押しできる、お守りのような存在になれたらと思っています。




お客様から時々いただけるご希望をお受けしまして、展示作品の中でもごく一部ではありますが、簡単なデザインの物については、今後チクチクトントンのWEBショップでもご購入いただけるようにしようと思っています。
もうしばらくお時間いただきますが、よろしくお願いします。
[PR]

by ogiso-h | 2014-10-02 14:31 | Comments(0)


<< vahanさん展示 ありがとう...      暮らしのマルシェ >>