OGiSO

ogisoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 30日

日々のこと

b0163633_10594134.jpg
このモスアゲートという石がすごく好きです。
生地の色を選ぶので、どなたにもおすすめというわけにもいかないのですが、白い服との相性は最高です。



先週は以前よりご依頼いただいていた仕事の試作を完成させて、たまっていた家事をしたり。
この時期は1週間掃除をしないと綿埃が舞って耐えられなかったのでスッキリ。
今週はパソコンの事務仕事に追われています。
WEBショップもメンテナンス中。来週には再開できそうですので、またご覧ください。




家事といえば、秋は毎週末仕事が続いていたので、料理ができないと思われる夫に夕食作り頼んでみました。
材料は揃えておいて、下ごしらえは済ませて、あとはお任せでおでんのリクエスト。
だしの取り方、煮込み方はお伝えしておいて。
仕上がりは…
これが悔しいですが、私が作ってもこうはならない、びっくりするくらいの上品なおだしのおでんができてました。
いつも仕事の片手間で作ってるから、煮立ってもそのままだったり。
私のつくるのって、雑だったんだな…
素直に基本に忠実にやることって大事なんだな~と学びました。
これからも作っていただけますように、しっかり褒めました(笑)








[PR]

by ogiso-h | 2017-11-30 11:27 | 日々のこと | Comments(0)
2017年 11月 23日

秋のイベント出展がおわりました~

b0163633_05463712.jpg
今年の秋のイベント出展がすべて終わりました。
STENPORTさんでの展示は引き続き25日まで開催中です。


立て続けのイベントで、その都度余韻に浸る暇もなく。

実は私は公募のイベントにはことごこく落ちるので、最近はそういうのに申し込むことはありません。
立ち直るのに時間がかかるし、応募資料作る時間があるなら1点でも多く作品を作りたいから。
なので、出させていただいてるのは全て主催者さんが声をかけてくださる催事ばかり。
そのせいなのか、どのイベントも主催者さんや出展する方や雰囲気がそれぞれとても好きです。
春のアルトゥエン。
秋の暮らしのマルシェ。
イ・マエストリ。
ニッポンいいもの展。

ニッポンいいもの展は、初参加の去年は初めてのデパートで緊張しっぱなしでした。
でも今年はすごく楽しかった。
去年出てたのを覚えててまた寄ってくださったお客様や友達!うれしかったです!
そして何より、主催の高島屋スタッフさんや出展してる皆さんが、なんで?と思うくらいいい人ばかり。
デパートのイベントってもっとピリピリしたイメージだったけど。
みんなで楽しみながらばんばろう!って雰囲気。
秘密の映画会も楽しかったですね~。
来年以降もお誘いいただけたら、是非また皆さんに会いたいです。
仕事に恵まれている幸せをかみしめてます。

また大好きなイベント仕事が一つ増えました。
もうこれ以上、増やせません!









[PR]

by ogiso-h | 2017-11-23 06:30 | クラフトマーケット | Comments(0)
2017年 11月 15日

ニッポンいいもの展

b0163633_06141357.jpg
今年もお誘いいただいた「ニッポンいいもの展」が今日から始まります。
名古屋高島屋10階にて、11月15日~20日まで。
プロダクトラインの商品を中心に並べます。
新作の作品ラインからは、写真の3点のみですが準備することができました。
5日間、店頭で糸編みの実演をしながらお待ちしております。
ほかのお店をのぞいたり、楽しみながらもあと1週間がんばります!


STNPORTさんでの作品ラインの展示も現在開催中です。
今年の作品は、細かくて遠目だとよく分からないくらい。
是非近くで手に取ってご覧くださいませ。
こちらは25日までです。




[PR]

by ogiso-h | 2017-11-15 06:18 | クラフトマーケット | Comments(0)
2017年 11月 09日

2017 作品展

b0163633_05273984.jpg
b0163633_05272330.jpg

明日、11月10日~25日 岐阜のSTENPOLTさんにて、2017年の作品ラインの展示が始まります。
今回は、例年使用している糸よりさらに細い、極細の糸での製作にトライしてみました。
非常に繊細な作品ラインです。

この太さの糸で展示をするには、ボリュームの点でかなり不安がありました。
スペースを埋めなきゃというプレッシャーで、ずっと気持ちが張り詰めていました。

今年は新しく、展示用の額を木工作家のHOFF&COさんに作っていただきました。
空間がまとまり作品がより美しくみえる、強い味方になりました。


繊細な作品の一方で、これも例年にない、太い糸で編んだ作品も少し並べました。
オーガニックコットンのガラ紡糸、というアクセサリーには結びつかない糸を使ってみました。
木玉毛織さんのガラ紡糸は肌触りがすごく心地良い。
私らしくないと思われるのかもしれないですが、自分としてはとても気に入っているネックレスができました。


素材があって成り立っているの私の仕事。
天然の材料で真摯に作られた素材は、それだけで魅力があります。
そんな素材を手にしたとき、どんなものでも作品に仕上げる、ということを試みてみたかった今年の作品ラインです。
是非、見にお越しください。




[PR]

by ogiso-h | 2017-11-09 06:11 | 展示会 | Comments(0)